南の玄関!京都市南区|南区の紹介と仕事の特徴

いいよね!京都|観光情報は多いのだけど、どんな仕事があるのだろう?と思っていませんか

京都という土地柄は特色があり、歴史的にも産業的にも
話題性が多い地域でしょう。

地元で活動しているからわかること、
観光雑誌にはないようなことを、ご紹介したいと思います。

私たちの活動拠点である営業所は、京都市の南区に位置します。
今回は、その京都市南区の情報をお届けします。

【目 次】

1.京都市南区の地域とは

2.京都市南区の名所 おすすめ3選

3.京都市南区の工場の特徴

4.京都市南区の工場の仕事4つの特色

5.最後に

1.京都市南区の地域とは

京都市南区は京都市の南部に位置し、
北には右京区、下京区、東には東山区、
西には西京区、向日市、南には伏見区に囲まれています。

また、東には鴨川が流れ、西には桂川があります。

JR東海道線が通り、JR京都駅の南に広がる区になります。

JR京都駅から大阪に向かって一つ目の駅に、JR「西大路駅」があり、
弊社の営業所はJR西大路駅が最寄り駅になります。

京都駅、西大路駅周辺は住宅・商業地域が
密集していますが、南部地域の上鳥羽(かみとば)
や吉祥院(きっしょういん)、西部地域の久世(くぜ)
では、工業団地や準工業団地が多く、京都市全体
でも工業が盛んな地域になっています。

2.京都市南区の名所 おすすめ3選

その中で京都市南区の地元で活動している目線で、
個人的なものも含め、おすすめの名所を挙げました。

① 東寺・・京都を代表する観光名所

京都市南区では、やはり「東寺」がはずせません。

正式には「教王護国寺(きょうおうごこくじ)」で、
「東寺」は通称になります。

東寺は桓武天皇(かんむてんのう)の時代に、
平安遷都とともに建立されました。

見どころとしてはまずは五重塔です。
高さ55mで木造塔では日本一の高さです。

平安時代には、現在の京都タワーのように、
遠くからでもよく見えていたことでしょう。

内部に、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)
が唐より持ち帰った仏舎利(ぶっしゃり)を納めています。

東寺の本堂の金堂(こんどう)には、
重要文化財である、彫刻史に残る
薬師三尊像(やくしさんぞんぞう)が祭られています。

また境内の中央には密教を伝えるために建立
された講堂があり、内部には、曼荼羅(まんだら)
如来(にょらい)、菩薩(ぼさつ)など、空海の教え
を伝えるものがたくさんあります。

また、東寺では毎月21日に
弘法さん(縁日と骨董市)があり多く方でにぎわっています。

京都では、毎月21日の弘法さんと、毎月25日に
北野天満宮で行う縁日の、天神さんが行われています。

弘法さんと天神さんは仲が悪く、
弘法さんが晴れれば天神さんは雨が降るというように
いわれています。

② 羅城門跡・・観光名所ではありませんが、知っておきたい名所

京都 羅城門跡

東寺から西へ400mほど行った所に「羅城門跡」があります。

羅城門(らじょうもん)は平安京時代の正門で、
南の玄関口だったのでしょう。

当時は、幅35m、奥行9m、高さ21mの朱塗りの立派な門でした。

羅城門を挟んで、東には「東寺」、西には「西寺」がありました。
西寺は、現在は西寺公園になっており残っていませんが、当時の都の
雄大さが想像できます。

芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)
の名作「羅生門」のモチーフになった逸話があることで有名です。

現在の羅城門跡は小さな公園に石碑があります。

市バスにも「羅城門」のバス停があり、下車してすぐのところにあります。

③ 吉祥院天満宮・・個人的におすすめの名所

西大路通りと九条通りが交わる「西大路九条」交差点からすぐの
場所に、吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)があります。

吉祥院天満宮の主祭神は、菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
で、一説には道真公の生誕の地ともされています。

京都市上京区の北野天満宮より創建が古く、
天皇が創建した初の天満宮です。

また、境内でひときわ目を引くのは奉納された
白い神馬とキティちゃんの像です。

キティちゃんとは全く関係ないらしいですが、
キティちゃんのお守りを頂くことができます。

小さな境内ですが、いい感じです。

他の名所では、「清和源氏(せいわげんじ)の発祥の宮」で知られる
「六孫王神社」(ろくそんのうじんじゃ)で、
こじんまりとした神社ですが桜が見事です。

ご興味ありましたら、「京都市南区 名所 観光」
などのキーワードで検索してください。

3.京都市南区の工場の特徴

京都市南区は、1部上場企業の本社が多い地域になります。

任天堂  GSユアサ  日本電産  ワコール
佐川急便  ニッセンホールディングス

などの本社があります。

京都市の都市規模からして、これだけの本社が存在する地域は
日本では珍しいでしょう。

また、京都市南区のなかで、上鳥羽や
吉祥院の南部地域、久世の西部地域では、
金属加工や産業機械組立、印刷関係などの
中小企業が多く、大規模な工場はそれほど有りません。

従業員10名~200名以内の企業が多いように感じます。
京都は全体でも精密機械の関係企業が多く、
それにかかわる産業が多くある土地柄です。

ですから、部品自体も小さなものが多く
工場自体も大きな設備が必要ないのでしょう。

4.京都市南区の工場の4つの特色

京都市南区で活躍していく製造業で中小企業の特色をまとめました。

① 事業所当たり10名~50名ぐらいの企業が多い。

企業規模が10名~50名ぐらいの規模の工場や、
200名ぐらいの企業でも事業所が分散していて、
事業所当たり50名ぐらいの規模の工場が多くあります。

お仕事をお探しの方のメリットとしては
事業規模が小さく、条件面で融通が利き、
臨機応変に対応してくれるケースが多いように感じます。

② 金属加工や産業機械組立、印刷関係などの仕事が多い。

京都に本社や事業所を置く、大手製造会社に
関係のある中小企業が多く、内容的には、
産業機械製造に関わる金属加工・組立、
また印刷関係のお仕事も多いです。

工場の規模は小さく、
大規模な機械や設備ではなく、比較的小さな製品
を取り扱う仕事が多いのが特徴です。

③ ライン作業の仕事は少ない。

大規模大量生産の工場は少なく、少量生産で、
多品種を扱う仕事が多いでしょう。

内容的には、機械オペレーターや、単純作業でも
一人で複数の仕事をこなすような作業など、
従業員同士が協力してする仕事が多いように感じます。

④ 日勤の仕事が多い。

何度も言っていますが、中小企業でライン作業が少ないので
24時間稼働している工場は少ないように感じます。

残業や休日出勤については、多い職場や少ない職場はありますが、
夜勤を行っていない工場が、比較的多い地域です。

このように、京都市南区には特色や技術がある
中小企業の工場が多く活発に動いています。

しかし、通勤などの交通の便については、
上鳥羽の一部では近鉄京都線が通っていますが、
市バスに依存している地域がほとんどで、
決して交通の便が良いとはいえません。

5.最後に

京都の派遣会社 アネジス

以上が、京都市南区の紹介になりますが、仕事を探すうえで、
収入・仕事内容・時間帯・通勤面、どの条件も重要になってきます。

弊社では、それに加え企業とお仕事を探す方のマッチングが
非常に大事と思っています。

微力ではございますが、お仕事を探す方に少しでも、
お役に立ちたいと考えています。

→当社のお仕事情報サイト! 京都を中心に、大阪の高槻、枚方など